自分でマットレスの洗い方!水で洗えないので失敗すると即買い替えが必要

マットレスの洗い方

マットレスで気お付けるのが洗い方です。

一般的なマットレスはウレタン素材やポケットコイルやボンネルコイルのスプリングが使われますが、敷布団のように洗濯機やコインランドリーを利用することはできません。

そのため、間違った洗い方をすると買い替えが必要になるのがマットレスです。

敷布団の洗い方をマットレスに置き換えてそのまま紹介がされてるのも見かけますが、素材がウレタンで内部コイルのありなしに関係なく全く違う寝具なので、失敗をしないように気負付けてください。

この記事ではマットレスの洗い方だけでなく、洗う頻度や水に着けるとどうなるかが分かる動画まで紹介しています。

正しい洗い方が分かるだけでなく、間違えると失敗する理由まで分かるようになっています。

マットレスの洗い方

マットレスの洗い方は5つの順番に行っていく必要があります。

そして、最大の注意点は本体は水洗いができないので、浴槽に付けたりシャワーを利用することはできないことです。

「マットレスの洗い方」

  1. カバーを取り外す
  2. カバーを洗濯機で洗う
  3. 中性洗剤や重曹を薄めた水でタオルを濡らし強く絞る
  4. 拭いたり叩き洗いをする
  5. 汚れはタオルで叩いて洗う
  6. ドライヤー・扇風機・陰干しで干す

この時に必ずマットレスを拭いたり叩き洗いするタオルは強く絞り、水が多く含まないようにしてください。強く絞り湿らしたタオルで洗うことが大切です。

最後にドライヤーの利用や陰干しを利用してマットレスを干せば完了です。

そもそも入れることができないですが、洗濯機を使うこともできないし、コインランドリーで洗うこともできません。

マットレス本体は洗えない

マットレス本体はウレタンが使われているのでほとんど洗えない素材となっています。

一部で特殊な素材が使われ洗えるようになっているのもありますが、あなたが購入時に気にせずに選んだり数十万円するのを使っている訳でないなら、まず洗えない素材になってるはずです。

「マットレスが洗えない理由」

  • ウレタンが乾かない
  • コイル入りマットレスなら錆びる
  • 伸縮して形状が変わる
  • 重量の増加で素材に穴が開いたり切れる

ほとんどはコイルがありなしに関わらずウレタンの素材が使われています。そのため、マットレスを水に着けて洗うことで使い物にならなくしてしまい、即買い替えが必要となります。

洗うことができるのはエアファイバーなど一部の特殊な素材が使われている寝具に限られるのですね。

マットレスで洗うのはシーツやカバー

マットレスで洗えるのはシーツやカバーのような、本体とは別の部分となります。

シーツやカバーなどは洗濯機で洗うことができるので、そのまま普段通りに洗濯をすれば問題ありません。

但し、注意点としてはマットレス着用する前に必ずしっかりと乾かして乾燥した状態で、少しだけならと湿ったまま使わないようにしてください。

ホテルなどではクリーニング業者に専用の業務用のスチーナーなどが行われますが、自分で行うのにはタオルで拭く程度で限界があるのですね。

マットレスは敷布団と比べて通気性が良い設計になっていたり、できるだけ水洗いをしなくても良いように作られています。しかし、ダニなどの問題もあるので定期的に掃除を行うのが必要となります。

マットレスの掃除の方法!黄ばみやシミや汚れを掃除機や重曹で落とす
簡単に清潔にするマットレスの掃除の仕方を紹介しています。掃除機でゴミを取るだけでなく、黄ばみやシミは重曹で拭くなどが効果がありますが、注意も必要です。この記事ではマットレスの掃除の仕方だけではなく、頻度やシミや黄ばみの落とし方まで分かります。

ウレタンマットレスを洗うと失敗するのが分かる動画

ウレタンマットレスが洗えないと聞いても、駄目元で試してみようか考えることもあるはずです。

しかし、必ず後悔をすることになるので、ウレタンの素材を水に着けるとどうなるのかが分かる動画がありましたので紹介をします。

この動画では枕が使われていますが、マットレスでも同じようになります。

ウレタン枕を洗うとどうなるのか実験

マットレスは直射日光にも弱いので天日干しができず陰干しとなります。

この動画のように絞ることもできずに放置をすることになるので、自然と乾くまでに2週間以上は待たなければならなくなります。

そして長く濡れた状態になってることで、ダニの大量発生や臭いがするようになります。

マットレスカバーを洗う頻度

マットレスカバーを洗う頻度は1週間から2週間を目安にしましょう。

寝た時には大量の汗だでるので、マットレスカバーは洗わないと臭くなっていきます。そして、その臭いが本体にも着いて密封に近い状態で充満をすることになります。

そのため、定期的に洗濯機で洗いようにすることで、衛生面を保ちマットレスの寿命を延ばすことにもなります。

マットレスの手入れの部分で一番頻繁に必要となるのが、このカバーを洗う部分となってきます。

高反発も低反発マットレスも同じく洗えない

高反発や低反発のマットレスも当然洗うことはできません。

高反発フォームや低反発フォームの素材の名称が使われますが、どちらもウレタンのことになります。

高反発や低反発や有名なブランドだからなどは関係なく、多くのマットレスは水に着けることができなく、特殊な素材が使われている極一部だけが洗うことができるようになっているのですね。

低反発だとラテックスと呼ばれる素材が使われているのもありますが、同様に水に弱い特徴があります。

衛生面で気になるなら洗えるマットレス

どうしても衛生面が気になる人は洗えるマットレスを利用するようにしましょう。

エアファイバーなど特殊な素材が使われており、価格が高いのも多いですがそのままシャワーで水洗いができるのが販売されています。

有名のだと「エアウィーヴの洗えるマットレス」があります。

ただ、注意をして欲しいのが洗えるのは分解した一部分やカバーだけなのも見受けられるので、洗えるマットレスを探す時は本体も水に着けていいのかを必ず確認するようにしてください。

エアウィーヴ口コミ評判!エアウィーヴのマットレスで腰痛が悪化する?
マットレス・敷布団・枕と評判の良い寝具がエアウィーヴです。浅田真央さんをはじめ愛用しているスポーツ選手も多いです。この記事で『エアウィーヴの口コミ』だけでなく、『悪い口コミや評判』や『どんな体型の人が使うと腰痛が悪化をしやすいのか』まで分かります。

マットレスの踏み洗いに注意

マットレスの洗い方を調べていると踏み洗いをしている写真を見かけることがあります。

しかし、踏み洗いができるのは「洗えるマットレス」と呼ばれるので、素材がそもそもウレタンでなければコイルなしの寝具です。

一般的なマットレスはそもそも洗えないので踏み洗いはできません。

敷布団を踏み洗いしている写真が掲載されて解説がされているのも見かけます。

一般的なのでは水に着けることで伸縮を起こしたりと、素材を劣化させて使えなくしてしまうので、間違えないように注意をしましょう。

干すときにも天日干しでなく陰干しが必要となるので、間違えて洗うと乾かすのも大変になります。

マットレスクリーニングを自分で行う方法

マットレスのクリーニングを自分で行うのであれば下記の3つの部分になります。

  • カバーを洗う
  • 掃除をする
  • 干す

カバーは定期的に洗濯機で洗い、カビやダニの大量発生を防ぐ為に、壁に立て掛けて干したりするようにしましょう。

また、ダニ対策として定期的に掃除をするようにしてください。

すでにダニが大量発生して悩まされているのなら、できるのは掃除とダニ取りシートを活用する2点です。

マットレスは陰干しが必要など注意もあり、そもそも天日干しでも駆除をすることはできません。

お手軽なマットレスの干し方!干す時間や頻度など乾燥の方法
マットレスの干し方で3つの方法を解説。敷布団と素材が違うのにマットレスを干す頻度や時間だけでなく、天日干しや陰干しと間違えてる人は多いです。三つ折りでも同様であり乾燥機はコインランドリーにも当然ありません。この記事で正しいマットレスの干し方が分かります。

専門的なのはクリーニング業者に依頼しかない

自分でどうしてもマットレスを洗って汚れを落としたり、カビ対策をしたいこともあるはずです。

水に弱い素材が使われているので、高温スチームクリーナーなど水洗いとは別の方法で行うしかありません。そのため、たまにしか行わない一般的な家庭で用意するのは難しく、本体を洗うのには専門のクリーニング業者に依頼をするしかないのですね。

  • 専用の業務用乾燥機
  • 汚れやカビに高温によるスチームクリーナー
  • カビには電解質水が加えられた掃除機

マットレスのクリーニング業者ではこれらの器具などを用いて、水を使わずに汚れなどを洗い落としています。

自分に合う寝具を見つけるのは難しいので、汚れやカビが気になったり、ダニに悩まされているのであれば、1万円程度しますが新しく買い替えるよりも安いので利用をするのをおすすめします。

まとめ:マットレスで洗うのはカバーのみで本体はクリーニング

マットレスの洗い方で気お付けるのは水に弱いと言うことです。

知らずに濡れたタオルで拭いたりして、形状を変えたり全く乾かないので臭くなったりダニが発生するなら、買い替えしなければいけない失敗をしている人もたくさんいます。

  • カバーのみを洗濯機で洗う
  • マットレス本体は洗えない
  • 特殊な素材の洗えるマットレスはある
  • 本体はクリーニング業者に依頼

本格的に洗いたいのであれば専用のスチームクリーナーが必要であったりと、自分でクリーニングする範囲には限界があり、専門業者に依頼する必要がでてきます。

そのため、長く使うことができるように定期的にお手入れをして、衛生面を保つ必要があります。

自分でマットレスのお手入れの仕方!定期的なメンテナンスの頻度も解説
マットレスのお手入れの仕方について解説。間違うと使えなくしてしまうので注意はあります。定期的なメンテナンスで長く使い続けられるのでお試しください。この記事ではマットレスのお手入れだけでなく注意する点やクリーニング業者に頼まざるを得ない状況まで分かります。
タイトルとURLをコピーしました