自分のからだにあうマットレスの選び方!体型に合わせて素材や硬さや種類を選ぶ

自分のからだにあうマットレスの選び方!体型に合わせて素材や硬さや種類を選ぶマットレスの選び方

寝具の買い替えを検討をした時に困るのがマットレスの選び方です。

太っている人や痩せてる人と様々なので、体型でからだにあったマットレスは違い、素材や硬さや種類を選ぶ必要があります。

しかし、TVやWEBでは特定のマットレスが良いかのように紹介がされることも多く、低反発が良いや高反発が良いなどの正反対の解説がされることも少なくありません。

全ての人に共通をするなら良い方の寝具だけが売られるだけですが、実際は体型によって違うので色々なのが販売されてるのですね。

寝具の選び方を調べている人向けに、本当にからだにあったマットレスとはどんなのかが分かり、あなたの体系ならどんな素材や種類の寝具を選ぶ良いかまで分かるようになっています。

からだにあったマットレスとは?

からだにあったマットレスとは楽な姿勢を長時間維持し、疲れが取れる寝具のことです。

寝具は硬いのより柔らかい方が寝心地が良いと感じる日本人は多いですが、好みがからだにあっているかはまた別の話となってきます。

人の背中は軽くS字にカーブをしているので、体系に合わせて軽く沈む程度のを選ぶと、疲れがしっかりと取れた快適な朝を迎えることができます。

自然な立ち姿勢のときの腰部S字カーブのすき間は4-6cmですが、寝た姿勢でいちばん体への負担が少ないのは、すき間が2~3cmのときです。
引用先:快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

マットレスのと背中のすき間はあなたの体系や体重と硬さによって変わってきます。

そのため、からだにあったマットレスは人それぞれが違い、特定の寝具が全ての人に良いようなことはありません。

自分に合わないマットレスを使うと

自分に合わないマットレスを使うことで、疲れが取れないままの朝を迎えることになります。

体型に寝具の硬さがあっていないとマットレスが全く沈まなかったり、沈み込みが深くなることで、「腰痛になるマットレスの原因」にもなり、起きた時に肩こりにも悩まされるようになってきます。

「自分に合わないマットレス」

  • 疲れが取れない
  • 起床時の腰痛・肩こり・背中の痛み

人それぞれ体系は違うので全ての人に共通をして良い寝具はありません。

そのため、からだにあったマットレスを選らばずに使う人もいるので、どんな寝具でも沈み込みが深いや沈まないなど悪い口コミは必ずあります。

すでに腰痛や肩こりに悩まされている程で買い替えを検討をしているって人は、からだにあった硬さのマットレスだけではなく、寝具との設置面積を増やす体圧分散に優れたのを利用をした方が良いです。

腰痛マットレスの選び方

マットレスの選び方

マットレスの選び方としては体系に合わせた硬さで、価格や何を求めているかで素材や種類を決めるようにしましょう。

  1. 寝具を決める:敷布団かマットレス
  2. 硬さを決める:高反発か低反発
  3. マットレスの種類を決める:ウレタンやコイル

上記の3つを上から順番に選んでいき、どれがあなたのからだにあっているのか判断をするようにしてください。

この中で特に大事なのが硬さであり、種類は価格や疲れがをしっかり取れる機能性が欲しいのかなど、判断をして選ぶことができます。

勘違いされてることも多いですが、敷布団かマットレスかは両方とも単体の寝具として直置きで使えるので、どちらが良いかは好みや生活環境で判断をすれば問題ありません。

体型にあった寝具の硬さの目安

体型にあった寝具の硬さの目安を一覧表にしました。

体系硬さの目安
痩せてる人100N以下の低反発
標準体型100Nぐらいの高反発
太ってる人150N以上の高反発
腰痛持ちの人体系に合わせたより少し硬め

人によって体重や身長は異なり、脂肪や筋肉の付き方も変わってきます。

そのため、明確にどんな硬さを選んだ方が良いかはなく、あくまで目安として参考にして頂ければと思います。

敷布団やマットレスは柔らかめよりも少し硬めを選ぶのが良いと言われており、どちらが好きかだけでなく体系を考慮して選ぶようにしましょう。

マットレスの素材の違い

敷布団とマットレス
敷布団とマットレス

今は敷布団とマットレスでの違いはほとんどありません。

誤解してる人も多いですが、どちらも直置きで単体で使え、好みで選ぶのが一般的です。

今はどんな寝具を使うかに代わりつつあります。

敷布団とマットレスの違いについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

敷布団とマットレスの違い

高反発と低反発
高反発か低反発

マットレスの選び方で重要なのが高反発か低反発かです。

反発力によってからだの沈む深さが変わるので、好みで選べば良い訳ではありません

体型や体重でからだに合わせた反発力を選ぶことが必要です。

高反発と低反発の違いについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

高反発と低反発の違い

柔らかいの硬いの
柔らかいのと硬いのどっち

マットレスや敷布団で柔らかいのと硬いのでどっちが良いかは体系次第です。

硬いのか柔らかいのかで、からだの沈む深さが変わります。

好みで硬いや柔らかいかを選ぶのではなく、あなたの体型にはどちらが良いかで判断をすることが大切です。

柔らかいのと硬いのでどっちが良いか詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

柔らかいの硬いのどっちが良い?

ポケットコイルとボンネルコイル
ポケットコイルとボンネルコイル

ポケットコイルかボンネルコイルかでどっちが良いかは体重で変わってきます。

コイルマットレスは体圧分散や耐久性に優れるので腰痛や肩こりに良いです。

しかし、どちらを使うかでからだの沈み込み方が変わるので、あなたの体型に合わせて選ぶことが大切です。

ポケットコイルとボンネルコイルの違いを詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

ポケットコイルとボンネルコイルの違い

タイトルとURLをコピーしました