マットレスの掃除の方法!黄ばみやシミや汚れを掃除機や重曹で落とす

マットレスの掃除

マットレスの掃除は自宅で簡単に行うことができます。

日々のゴミを掃除機で落とすことだけでなく、黄ばみやシミも早めに重曹などで拭くことで、簡単に汚れを落とし清潔な状態を保つことができます。

また、ダニやカビなどの発生を防ぐのには、定期的な対策が効果をなします。

ただ、注意をしなければならないこともあり、状況に応じて掃除をしていく必要があるのですね。

この記事ではマットレスの掃除の仕方だけではなく、頻度やシミや黄ばみの落とし方まで分かるようになっています。

マットレスの掃除の仕方

マットレスの掃除の仕方は3種類の工程で行われます。

  • マットレスカバーは洗濯機
  • 掃除機を表面と裏面にかける
  • 黄ばみやシミは拭いて落とす

基本は汚れを落とすのに掃除機をかけることが必要ですが、タオルで拭く時には注意をしなければならないこともあります。

マットレスの掃除をする時は陰干しを行うとお手入れが簡単に省けます。

お手軽なマットレスの干し方!干す時間や頻度など乾燥の方法
マットレスの干し方で3つの方法を解説。敷布団と素材が違うのにマットレスを干す頻度や時間だけでなく、天日干しや陰干しと間違えてる人は多いです。三つ折りでも同様であり乾燥機はコインランドリーにも当然ありません。この記事で正しいマットレスの干し方が分かります。

掃除機でマットレスの汚れやゴミを取る

まずは髪の毛やほこりなどのゴミを取る為にも掃除機をかけていきます。

この時にマットレスの底面にもほこりが溜まりやすいので、表面だけでなく裏面も掃除機をかけるようにしてください。

特別専用なクリーナーなどが必要になる訳ではなく、家庭用の掃除機でゴミを吸収していけば問題ありません。

掃除機の底面が汚れているとシミが付いたりすることもあるので、先に濡れタオルで拭いて乾いたタオルで拭くようにしてください。

また、マットレスはベッドの上などにあると大変なので、ハンドタイプの掃除機などを活用すると、お手軽に掃除を行うことができます。

ダニは吸い込んで餌を除去する

ダニ対策として効果があるのは掃除機をかけることです。

敷布団のようにマットレスは天日干しができないですし、そもそもダニは50度以上の温度にする必要があるので、退治をして除去をすることはできません。

そのため、日々のお手入れでダニ対策として効果があるのが、掃除機をかけて死骸・エサ・たまごを吸い込んでしまうことです。

部屋の湿気も関係をしてくるので、完全にダニを防ぐことはできません。

そのため、できるだけダニ取りシートを設置をしたうえで、定期的に掃除機もかけていくのがおすすめです。

黄ばみやシミや臭いを重曹で落とす

マットレスの黄ばみやシミは重曹を使うことができますが、2種類のやり方があります。

重曹には汚れを落とすだけでなく、消臭の効果も期待できます。

  1. 重曹を薄めた水を用意する
  2. タオルに霧吹きで重曹水を吹きかける
  3. 黄ばみやシミの汚れを叩いで落とす
  4. 乾いたタオルで拭く

この時に気お付けるのがマットレスの素材は水に弱く、塗れると形状変化がしやすいですし、乾くまでに時間がかかることです。

そのため、タオルの水分は少量含む程度にする必要があるので、水につけて絞るのではなく霧吹きなどで吹きかけるのがおすすめです。

心配な人は重曹の粉を使用して掃除機をかける方法もあります。

  1. 重曹の粉を振りかける
  2. 薄いビニール手袋で軽く汚れを擦る
  3. 掃除機で重曹を吸い込む

ダイソーなどの100均でも重曹スプレーが売られているので、最初の方法が手間がかからないはずです。

マットレスは水に弱いウレタン素材などが使われているので、基本的に低反発や高反発に限らず、浴槽で洗ったりすることもできませんので注意してください。

自分でマットレスの洗い方!水で洗えないので失敗すると即買い替えが必要
気お付けるのがマットレスの洗い方です。低反発や高反発やウレタンなど洗濯機やコインランドリーで水に着けて洗えないですし、失敗で使えなくなり買い替えが必要にもなります。自分でマットレスの洗い方だけでなく、頻度や水に着けるとどうなるかの動画も紹介。

マットレスの掃除の頻度

マットレスの掃除の頻度は月に2回や3回を行うのを目安にしましょう。

ただ、食べ残しが着いたり飲み物をこぼしたりした時や、子供がションベンをお漏らししてしまったなどの状況では、その都度行うようにしましょう。

その場で掃除をすることで素材までしみ込んでしまう前に、カバーが吸収をしてほとんど防いでくれたりします。

マットレスの掃除をするタイミングで一緒に陰干しや壁に立て掛けなどで干すようにすると、お手入れの手間を省くことができるのでおすすめです。

マットレスの掃除の注意点

マットレスの掃除をする時の注意することは2点あります。

  • 掃除機の吸い込み部分の汚れに注意
  • 拭き掃除は水分が付かないようにする

どちらも気にせずに初めてしまうことが多く、掃除機をかけたのに汚れが付いて黒いシミができたりすることもあります。

特に気お付けるのが拭き掃除で水分が着くと中の素材のウレタンの形が崩れたり、乾燥して乾くまで時間がかかることもあるので気お付けてください。

マットレスは水分や直射日光に弱いのが特徴でもあります。

まとめ:マットレスは掃除だけでなくメンテナンスが必要

マットレスの掃除は定期的に行うようにしましょう。

掃除をする時は水に濡らしたり、掃除機の汚れを付けたりしないように気負付けることが必要になります。

  • 掃除の頻度は月に2、3回
  • シミや汚れはすぐに落とす
  • 簡単に落ちないなら重曹を使う
  • マットレスは濡らしてはいけない

マットレスの掃除は一緒に干したりのお手入れや、メンテナンスを同じタイミングにすることで手間を省くことができます。

そのため、同時にお手入れをしていくと一石二鳥で、ひとつづつの工程も面倒なことは少ないので、簡単に済ませることができるのでおすすめです。

自分でマットレスのお手入れの仕方!定期的なメンテナンスの頻度も解説
マットレスのお手入れの仕方について解説。間違うと使えなくしてしまうので注意はあります。定期的なメンテナンスで長く使い続けられるのでお試しください。この記事ではマットレスのお手入れだけでなく注意する点やクリーニング業者に頼まざるを得ない状況まで分かります。
タイトルとURLをコピーしました