おすすめの硬いマットレス

硬いマットレスのおすすめ!硬すぎて腰痛なのを柔らかくする対策も紹介

投稿日:

寝具は硬いマットレスがおすすめされることも多く、腰痛や背中の痛みに朝に悩まされる人に人気があります。

しかし、あなたの体重に合わずに硬すぎると、逆に腰痛に悩まされることにもなるので、とりあえず硬いマットレスを選んでおけば良い訳でもありません。

そのため、硬いマットレスを探している人は原因を知っていないと失敗することも多く、すでに使っていて腰痛な人は早めに柔らかくする対策をした方が良いです。

この記事では『おすすめの硬いマットレス』だけでなく、『柔らかくする対策』や『あなたの体重ならどれぐらいの硬さの寝具を使うと良い』かまで分かるようになっています。

新しいのを検討している人や腰痛に悩まされている人はご覧ください。

硬いマットレスで腰痛や背中が痛い原因

寝具には体圧がかかるので硬いマットレスの方が腰痛に良いですが、逆に痛い原因となってしまうこともあります。

あなたの体型に合わない硬さのマットレスや敷布団は、お尻が沈まないので背中のS字カーブの部分が、浮いた状態の姿勢となってしまいます。

そのため、朝や1時間ほど寝ころがると腰痛に悩まされることになります。

マットレスは体圧がかかることで多少沈むのがからだに合うのですが、硬すぎると腰が浮いてしまうのがいけないのですね。

ようするに硬いマットレスだからいけないのではなく、使う人の体重や体型に対して、寝具が硬すぎると腰痛や背中が痛い原因となってきます。

すでに悩まされている人は「マットレスで腰が浮く時の原因や対策」を合わせてご覧ください。

硬いマットレスが合わない体型

硬いマットレスが合わない可能性が高い体型や体重の人もいます。

硬めでも高反発すぎて腰痛などに悩まされやすいのが、下記の2つのどちらかの特徴に当てはまる人です。

硬いマットレスが合わない体型

  • 体重が凄く軽い
  • 凄く痩せている

体重が凄く軽い人や痩せすぎている人だと、体圧でもお尻の部分が全く沈み込まないことが多く、腰痛には高反発が良いからと選んで失敗をしてしまうこともあります。

だからと言って少し痩せてる人以上の人全てが硬い寝具を選べば良い訳ではなく、体重に合わせた硬さのを使うことが大切になります。

朝の腰痛には硬いベッドマットレスの方がいい

朝の腰痛に悩まされている人は硬いマットレスが推奨されることが多いです。

からだに合う疲れがしっかりと取れる寝具は、背中のS字カーブの部分が接するように、体圧をかけた時にお尻が少し沈むことです。

しかし、沈み込みが深くなってしまうと、腰回りに負担が強くかかるだけでなく、姿勢もくの字の状態となり寝返りも少なくなってしまいます。

そのため、体重が軽い人でも沈みやすい低反発で柔らかいのではなく、硬いベッドマットレスで寝た方が腰痛に良いと言われているのですね。

朝の腰痛に悩まされている人は凄く痩せている体型でなければ、できるだけ硬めや太っている人だと超硬いマットレスを使うのが、疲れが取れて快適な朝が迎えられやすいです。

詳しく知りたい人は「マットレスは柔らかいの硬いのどっちが腰痛や肩こりに良い寝具?」で解説しているので、どちらにしようか悩んでいる方はご覧ください。

おすすめの硬いマットレス

おすすめの硬いマットレスはいくつかありますが、全ての人にコレと言った寝具はありません。

寝具にかかる体圧はあなたの体重や体型で変わるので、どれがおすすめかは変わってきます。

少し痩せぎみから標準ぐらいの体型なら「雲のやすらぎ」がおすすめですし、太っりぎみから太っている人だと「モットン」が170Nと270Nの硬さがあります。

逆に凄く痩せている人だとおすすめできるのは、低反発と高反発の2層になっている、「コアラマットレス」ような少し高いのか低反発になってきます。

詳しくは下記の記事でおすすめの硬いマットレスの一覧だけでなく、体重に合わせた硬さや口コミも全て紹介しているので、下記の記事をご覧ください。

高反発マットレスのおすすめを比較!腰痛に高反発の寝具の選び方

超硬いマットレスでおすすめなら270N

超硬いマットレスを探している人にはおすすめできるのは一択です。

日本人の多くはTVやメーカーの戦略などで、ふかふかで柔らかい寝具が良いと思いこんでいる人も多く、超硬いマットレスは種類が少ないです。

おすすめできるのはモットンが270Nのを販売しており、凄く太っている人でも使えるようになっています。

標準ぐらいの体型の人で硬いのが好きな人なら170Nでも十分すぎると感じるはずですし、太っている人や超硬いのを探している人は270Nであれば、満足できるのではないかと思います。

⇒モットンの口コミ評判!モットンのマットレスはやらせで怪しい?

硬いマットレスを柔らかくする対策

ここからは硬いマットレスを柔らかくする対策について、すでに使っていて悩まされている人やこれから使い始める人向けに紹介をしていきます。

まず知っておいて欲しいのが硬いマットレスを柔らかくする対策は全ての人に有効な方法ではあります。

しかし、あまりにも体型と寝具の硬さが合っていないと、全く沈み込みがなく対策をするよりも、新しいのに買い替えた方が良いことも多いです。

硬いマットレスの上にトッパーで柔らかくする

硬いマットレスを柔らかくするのに有効なのがトッパーを使った方法です。

マットレスの上にトッパーを敷くことで、寝具の硬さに関係がなく、寝心地を根本的に変えることができます。

また、少し硬い程度で腰痛などに悩まされていない人なら毛布やバスタオルをからだの間に敷く他臭いで、少しだけ寝心地を変える柔らかくすることもできます。

使うマットレストッパーは最低でも3cm程度の厚みのあるのを選んだ方が、効果が高くなるのでおすすめです。

あまり安物の薄いのだと体圧で沈んで底の硬いマットレスの底付き感を感じ、あまり柔らかくなった寝心地にならないです。

マットレストッパーで評判が良いのだとエムリリーですが、どんなのか知りたい人や2種類あるので選び方を知りたい人は下記を参考にしてください

エムリリー口コミ!マットレスやトッパーの悪い評判や選び方は?

柔らかくする対策より新しいのを検討した方が良い人

柔らかくする対策は全ての人に効果がありますが、新しい寝具を使うのを検討をした方がおすすめの人がいます。

それが朝の腰痛に悩まされている人や腰が浮いてるとはっきりと感じている人です。

マットレストッパーで一時的に寝心地を改善することはできても、安いのだとへたりや耐久性でからだの形で跡が残り復元しないので、少し経つと同じく朝に快適でなくなってきます。

そのため、耐久性を考慮して品質が高いのを使わないといけないですが、金額も高くなってくるのでそれならからだに合う新しいマットレスを使いはじめた方がおすすめです。

睡眠は毎日の疲れを取るのに必要なことであり、長時間をマットレスの上で過ごすので、疲れが取れないだけでもやる気が起きなくなったりするようにもなります。

あなたの体重の硬さの目安が「腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較」では解説しているので、買い替えるかは別としても今後の為に必ず確認しておくようにしましょう。

硬いマットレスのメリット

硬いマットレスのメリットは3種類あります。

  • 腰痛や肩こりに良い
  • 耐久性に優れコスパが良い
  • 通気性が良く夏に涼しい

高反発だとよっぽど体重に合っていない限り、沈み込みが深くならないので、腰痛や肩こりに良いです。

体圧で少し沈むぐらいなので寝返りがしやすく、寝ている間に自然と回数が多く行われやすいです。

そのため、特定の部位に寝ている間に負担がかかりづらく、寝具に接する位置を変えることで、負担を分散させる効果が期待できます。

また、もともと反発力が強いので復元力が高いのが多く、耐久性に優れ長く使えるのでコスパも良いだけでなく、通気性が良いので夏場でも低反発に比べると涼しいです。

硬いマットレスのデメリット

硬いマットレスのデメリットは2種類あります。

  • 硬すぎると疲れる
  • 慣れるまで寝れない

高反発マットレスは初めて使うと2週間ぐらいは、慣れるまで寝れないこともあります。

特に低反発から変えた人だと寝心地は全く変わってくるので、最初は硬くてからだに合わないのではないかと思うこともあるはずです。

寝具屋で試しても敷布団やマットレスは失敗しやすいのはこの点であり、本来は硬いのが良いのに短時間なら柔らかい方が気持ちよかったりするので、高反発は合わないと勘違いをしやすいからでもあります。

まとめ

硬いマットレスは腰痛に良いことで知られ人気がありますが、どんな硬さでも良い訳ではないのですね。

太っているにも関わらず少し硬いだけでは沈み込んで柔らかく感じることもありますし、痩せてるのに硬すぎれば腰が浮いて疲れたりします。

大切なのはあなたにあった硬さであり、その上で寝具には体圧がかかるので、硬いマットレスがからだに合う人が多いのですね。

短時間の寝心地であれば低反発の方が柔らかくて良いこともありますが、睡眠は長い時間がほとんど同じ姿勢で行われます。

おすすめのはいくつかありますが、あなたの体重や体型によって、どれが良いかは変わってくるのですね。

-高反発マットレス

Copyright© 腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較 - マットレスの王様 , 2020 All Rights Reserved.