押して沈んだマットレス

マットレスの真ん中が沈む時の対策!低反発やへこんで沈み腰痛や肩こり

更新日:

マットレスの真ん中が沈むようになると腰痛や肩こりに悩まされるようになります。

もともと購入時の時から低反発で沈んでしまうこともあれば、使っていくと劣化をしてへたりで復元しなくなるので、睡眠中に疲れが取れないようになります。

からだに合っていないマットレスであれば早めに購入をした方が良い物の、何とか対策をしてもう少し使いたいこともあるはずです。

この記事ではマットレスの真ん中が沈む原因を特定して、それぞれのへこむ対策について分かるようになっています。

マットレスの真ん中が沈む原因

マットレスの真ん中が沈むのはへたりか硬さが原因となってきます。

どんな寝具の素材も重みを加え続ければ復元力はなくなりますし、からだの体重にあっておらず低反発で柔らかいと購入時から沈みようになっています。

マットレスの真ん中が沈む原因

  • 劣化によるへたり
  • 低反発による沈む込み

もともとマットレスは腰回りの真ん中付近が多少は沈んだ方が良いのですが、深く沈むようになってくると疲れが取れないようになってきます。

それどころか、寝た時の姿勢の変化で、腰痛や肩こりに悩まされるようになってくるので、早めに対策をした方が良いのですね。

まずは対策をする為にも、劣化なのか低反発なのかの原因を特定をしていきます。

真ん中が沈む原因が低反発で柔らかい

使い始めからマットレスは低反発でも高反発でも体重にあっていなければ沈むことになります。

からだの重さを寝具の素材が支えることができていないので、重みが最もかかるお腹やお尻で脂肪が集中する腰付近の真ん中沈むようになってきます。

マットレスは沈み込みの深さが腰痛の原因にもなりやすいので、高反発を選んだ方が良いと言われているのですね。

低反発でマットレスの真ん中が沈む原因の人は、この後紹介する根本的に硬くして沈まないようにしていく対策が必要となってきます。

好みで寝具の硬さを選んでた人は「マットレスは柔らかいの硬いのどっち」の記事を合わせてご覧になっておくようにしましょう。

真ん中が沈む原因が劣化によるへたり

どんなマットレスや敷布団でも使っていく内に、劣化をするのでへたりがでるので、真ん中が沈むようになってきます。。

マットレスはただ硬いのではなく、からだの重みを素材の反発力によって支えています。

しかし、毎日のように寝具は使っていくものなので、重みを定期的に加え続けることで、だんだんと素材も劣化をし、復元をすることができなくなってきます。

そのため、マットレスの寿命になり真ん中がへたるようになってくるのですね。

劣化が原因で沈むと使っていけば更に深さがますようになってきます。

使い続けるほど真ん中だけでなくへこむ部分が増えてくるので、腰痛や肩こりに悩まされるだけでなく、疲れが取れずに朝からだるいと感じるようにもなってきます。

マットレスが沈む時の対策

マットレスが沈む時の対策としては、根本的に硬くしてへこむのを防ぐことが大切です。

沈んでしまうのを防ぐには、硬くしてからだを支える力を増やす以外に方法はありません。

マットレスの真ん中が沈む時の対策

  • マットレストッパーを活用
  • 敷布団を活用
  • 条件次第で買い替え以外ない

そのため、マットレスや敷布団の上に何かしらを置いて、対策をしていくことが必要です。

だからと言って、ベニヤ板のようなただ硬いで対策をすれば、たんなる硬すぎるマットレスになります。

今度は腰が浮いて腰痛や疲れが取れないだけで悪化をするので、反発力がありからだの疲れを取ってくれるのを使うのが大切です。

どんな寝具が腰痛や肩こりを引き起こすか知りたい方は「腰痛になるマットレスの原因」の記事を合わせてご覧ください。

マットレストッパーで柔らかいのを硬くする対策

低反発が原因で沈む人はマットレストッパーを対策するようにしましょう。

マットレストッパーは寝心地を高める為に使われることが多いですが、からだに合わない硬さで沈んでしまう時でも活用することができます。

人気のだとエムリリーの優反発マットレストッパーがありますが、ニトリなどでも安いのが販売されています。

使い始めの時点から沈んでしまうのを対策したいって人でも、すぐに買い替えて無駄にすることもありません。

別のを使うとなると、沈むなら硬さを増やして高反発にする必要がありますが、、柔らかめが好きな人でも優反発のマットレストッパーなら、下層が高反発で支え上層が低反発で柔らかいので、硬い寝具が苦手な人でも気持ちいい寝心地でからだに楽な姿勢を保つことができます。

マットレスの上に敷布団で硬くする対策

マットレスの劣化が原因で沈む人は敷布団で対策をするようにしましょう。

劣化をしてへたむようになったのなら、最初は真ん中だけでも肩やその他の部分もへこむようになってきます。

そのため、マットレスの上に敷布団を使うことで、沈むのを防ぐようにしましょう。

但し、あまりマットレスの上に敷布団などを置くのをおすすめできる訳でもなければ、古いのがなく購入をする必要があるなら止めた方が良いです。

もともと劣化をして沈むなら寿命であり買い替え時でもあるので、からだにあった寝具を使うようにした方が良いです。

使い古したのから体重に合わせてからだにあった敷布団やマットレスを使うと、目覚めた時の疲れの取れ加減がこんなに違うものなのかと、寝具の大切さをより実感することができるはずです。

マットレスが沈んで腰痛や肩こりの人の対策

マットレスが沈むようになって腰痛や肩こりに悩まされるほどであれば、できる対策もほとんどなくなってきます。

使っていくうちに沈み込みも深くなっていき、他の部分にもへたりがでるようになるので、マットレストッパーや上に敷布団は一時しのぎにしかなりません。

それどころか全く効果を感じれないことも多く、完全なマットレスの寿命でもあるので、買い替えをする以外に有効な対策はないのですね。

マットレスが沈んで腰痛や肩こりになる人は、どんな対策をしても一時的にしか効果はなく、無駄に出費を増やすだけにもなってしまいます。

からだにあった寝具を使えば、疲れがしっかり取れるので、目覚めの良い朝で気持ちよく1日を迎えることができます。

あなたの体重にあった硬さは「腰痛マットレスの選び方」で一覧表にしているので、ご存知ない方はご覧になっておくようにしましょう。

マットレスのへたりは復活できない

以前の私がそうだったように、少なからずマットレスのへたりを復活させて、無料で使い続ける対策を探す人もいるかと思います。

マットレスが沈むのはからだにあっていない反発力か、劣化をしたへたりが原因となってきます。

もともとからだを支えている素材の復元力がなくなって、つぶれたままとなっているので復活させるのはできないのです。

からだが沈むのは何かを上に置くか新しく買い替えるしか対策はありません。

根本的にからだに合っていない寝具になってしまっているので、腰痛や肩こりや疲れが取れないなどに悩まされるようにもなってきます。

復活させることはできないので、早めにからだにあった寝具を探すようにしましょう。

まとめ

マットレスの真ん中が沈む原因は2つあります。

それぞれの沈む原因に合わせた対策をするようにしてください。

方法としては上に何かを敷く以外にありませんが、この対策はおすすめができる訳でもありません。

睡眠は毎日の疲れを取る為に行いますが、寝具がからだにあっていない状態になってるので、本来の寝具の役割を果たすことができなくなってるからです。

敷布団の上に何かを敷くことで対策はできますが、一時しのぎにしかならずいつかは買い替えが必要となります。

そのため、根本的にからだにあった寝具に買い替えるのをおすすめします。

-低反発マットレス

Copyright© 腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較 - マットレスの王様 , 2020 All Rights Reserved.